【閉店のお知らせ】 いつもご愛顧頂きありがとうございます。 このたびDogs+1は、諸般の事情により2018年12月21日をもちまして閉店することとなりました。 これまでの皆様からのご支援、心より感謝申し上げます。

ワイマラナー(Weimaraner)

ワイマラナー

ワイマラナー(Weimaraner)

【基本情報】

別名:ワイマラナー・フォアシュテーフント
原産国:ドイツ
起源:17世紀
初期の用途:狩猟競技用
体高:56~69cm
体重:32~39kg
体毛:灰色で艶がある短毛、及びロングヘアー(比較的まれ)

 

【歴史】

17世紀頃より今日のワイマラナーの起源となる犬が誕生したようですが、定かな記録はありません。ブラッドハウンドやポインター犬種などが先祖のようですが、一節によればその起源種は絶滅していると言われています。今日目にするワイマラナーの形は19世紀頃に作られました。目的は、ドイツの豊かな自然の中で、どんな生き物でも狩ることが出来る犬を作り出すためでした。

当時はドイツ・ワイマラナークラブがこの犬種の改良・所持に関する全てをコントロールしており、厳しい条件をクリアした会員でなければ、この犬種を手に入れることは出来なかったようです。当然、海外にも出ることはありませんでした。しかし、1929年にアメリカ人がクラブ会員になったことがきっかけに、2頭のワイマラナーがアメリカへ渡ります。そしてこの犬種が持つ元来のスタミナ、スピード、頭の良さは競技で素晴らしい成績をおさめることとなり、結果この犬種が知れ渡ることになります。1943年にアメリカンケネルクラブに登録されたのをきっかけに、競技犬、愛玩犬として広く一般に認められるようになりました。

 

【性格】

温厚で従順です。ただ、運動はかなりの量必要なので、狭い所で過ごす日々が続くと、ストレスで家の中を荒らしまわることになります。子供にも優しい犬種ですが、元来のパワーが強いため、小さな子供には故意でなくとも怪我をさせてしまうこともあるので注意します。

 

【その他】

大型犬種ですので、しっかりとした服従トレーニングを行わないと、他人や他の犬に怪我をさせてしまう危険があります。また、しっかりと運動をさせてあげないと、破壊的な行動が出てきます。