【閉店のお知らせ】 いつもご愛顧頂きありがとうございます。 このたびDogs+1は、諸般の事情により2018年12月21日をもちまして閉店することとなりました。 これまでの皆様からのご支援、心より感謝申し上げます。

ゆっくりな犬のトレーニングを許容する

世の中、そうそう全てが上手く行くことはないと思います。

望むことがすぐに望みどおりになる方も、この広い世界にはいるかもしれませんが、『私』という限られた世界の中では今のところ、そのような方にお会いしたことがありません。ぜひお会いしたいものです。

犬のしつけトレーニングを行えば良い子になる?

なります。なりますけど、、、事はそう簡単にいかない事もあるんです。一体何が言いたいのかと言いますと、望むことが望みどおりになるにはある程度の時間が必要と言うことです。

”3歩進んで2歩下がる”ってある有名な歌の歌詞ですが、犬のトレーニングってそんな感じで取り組む事が必要だと感じています。トレーニングをする人が望むスピードって事ではありません。わんちゃんの成長するスピードがって事です。

トレーニングは進むだけでは進まない

『昨日出来た事が今日は出来ない』

よくあることです。昨日覚えたことを、今日は忘れている何てことは、犬でなくてもあることです。

また再度同じことを行えば思い出すことが出来ます。ただ、全てを思い出すかはわかりません。昨日と同じトレーニングを行うことで思い出すかもしれませんが、もし上手く行かない時は、1歩戻ってみましょう。ステップ2まで来ていたのなら、ステップ1に戻りましょう。そして、ステップ1が出来たらステップ2を再度やってみましょう。上手く思い出してくれると思います。そうしてステップ2を強化していきます。

ステップ2が出来るようになったらステップ3に進みます。でも、次の日にはステップ3を上手く出来ないかもしれません。そうしたらステップ2に戻って復習し、ステップ3を再度行います。

トレーニングってこういうものだと思います。進むだけでは進まないのです。戻ることをすることで前に進めるし、結局はそのほうが早く進んで行けるのだと思います。

飼い主さんのイライラは伝わります

しかしながら、中々進まない犬のトレーニングにイライラしてしまうかもしれません。でも、そこは抑えて欲しいところです。犬の感受性は人より高く、言葉が上手く通じない分、飼い主さんの表情や声のトーン、身体の動きを見てその状況を判断します。

飼い主さんのイライラが具体的にどのような感じで伝わっているのかは解りませんが、犬にとって良いものであるとは思えません。犬は落ち着かなくなり、集中力も低下するのではないでしょうか。それでは効率的なトレーニングは出来ないでしょうし、また、犬との関係も悪くなります。

愛犬とのトレーニングは楽しい!そう思いながら行うトレーニングが理想です。

【参考記事】