【閉店のお知らせ】 いつもご愛顧頂きありがとうございます。 このたびDogs+1は、諸般の事情により2018年12月21日をもちまして閉店することとなりました。 これまでの皆様からのご支援、心より感謝申し上げます。

オーストラリアン・シェパード(Australian Shepherd)

オーストラリアアン・シェパード

オーストラリアン・シェパード(Australian Shepherd)

【基本情報】

別名:なし
原産国:アメリカ
起源:19世紀
初期の用途:牧羊犬
体高:46~58cm
体重:16~32kg
体毛:ダブルコート。上毛は直毛もしくは巻き毛。

 

【歴史】

1800年代、ヨーロッパのバスク地方(現在のスペイン北西部からフランス南西部)に住んでいた人々が羊と牧羊犬と共にオーストラリアへ渡り移住し、1900年代、それらの人々はアメリカに渡ります。移住の際に連れていた牧羊犬がオーストラリアン・シェパードの原種と言われています。オーストラリアン・シェパードと呼ばれるのようになったのはアメリカに渡った時で、”オーストラリアから来た犬”だからだそうです。現在の形に改良されたのはアメリカだったため、原産国は”アメリカ”とされています。

20世紀中頃まではさほど名のしれた犬種ではありませんでしたが、当時ロデオの会場で”芸をする犬”として有名になり、その事が映画として公開されると一気に人気が高まります。

その後、多くのオーストラリアン・シェパードの団体が作られ、AKCには1993年に登録されます。

 

【性格】

頭がよく好奇心旺盛で遊び好きです。また牧羊犬の気質で、警戒心が強い犬種でもあります。また、ラブラドール・レトリバーの気質に似ていると言われています。

ラブラドール・レトリバー(Labrador Retriever)

 

【その他】

運動能力が高いため、アジリティなどの競技が得意です。
十分な運動量が必要で、それが少ないとストレスが溜まり、様々な問題行動が出てくることもあります。