【閉店のお知らせ】 いつもご愛顧頂きありがとうございます。 このたびDogs+1は、諸般の事情により2018年12月21日をもちまして閉店することとなりました。 これまでの皆様からのご支援、心より感謝申し上げます。

ブルドッグ(Bulldog)

ブルドッグ

ブルドッグ(Bulldog)

【基本情報】

別名:イングリッシュ・ブルドッグ
原産国:イングランド(イギリス)
起源:13世紀
初期の役割:ブル・バイティング(牛を興奮させる役目)
体高:30~38cm
体重:18~23kg
体毛:硬い短毛

【歴史】

13世紀から18世紀にかけてイギリス国内で人気の娯楽だった「ブル・バイティング」の為に作られた犬種です。

ブル・バイティングとは、1頭の牛を鎖につなぎ、数頭の犬と戦わせるという、今では考えられないような催しです。その際に、牛を興奮させるために必要とされたのが「ブルドッグ」です。強靭な顎を持ち、牛に攻撃されてもダメージを軽減する事が出来るたるみのある皮膚、噛み付いたままでも息が出来る上を向き潰れた鼻、重心が低く筋肉質な体(当時の体重は60kg程あったようです)。大きな動物と闘うために作られた犬です。ブルドッグは牛の鼻に咬みつき、その強靭な顎で、牛が暴れても暴れても決して離すことはありませんでした。

1835年にブル・バイティングは禁止されます。そして、ブルドッグはその役割を果たす場所を無くし、急速に人気が衰えます。しかし、ブルドッグの愛好家達が決起します。その特徴的な顔を残しつつ、穏やかな性格を持った犬種に変化させていきました。その結果、見た目は仏頂面で強面ですが、性格は穏やかで人懐っこいそのギャップに人気が出てきます。愛想がよくコミカルな動きなども愛され、いつしかイギリスを代表する犬(国犬)となりました。

【性格】

よくこんなブルドッグが描かれます。確かに強いですから。

ブルドッグ1    ブルドッグ2

しかし実際は、愛想がよく人懐っこい犬種です。頑固な一面もありますが飼い主には忠実です。他の犬、他のペット、子供に対しても基本的には友好な態度で接することが出来ます。

【その他】

暑さや高い湿度に弱い為、夏場の散歩は気をつけます。多くのブルドッグは、普段からゼーゼーとした息をして、よだれを垂らします。段差のある所の昇り降りは苦手。泳ぎも苦手(または泳げない)です。

皮膚のたるみに汚れが溜まりやすいので、こまめに拭いてあげましょう。

ブルドッグ3