【閉店のお知らせ】 いつもご愛顧頂きありがとうございます。 このたびDogs+1は、諸般の事情により2018年12月21日をもちまして閉店することとなりました。 これまでの皆様からのご支援、心より感謝申し上げます。

フレンチ・ブルドッグ(French Bulldog)

フレンチ・ブルドッグ

フレンチ・ブルドッグ(French Bulldog)

【基本情報】

別名:ブルドッグ・フランセ
原産国:フランス
起源:19世紀
初期の用途:ねずみ捕り
体高:30~31cm
体重:8~14kg
体毛:滑らかな光沢のある短毛

 

【歴史】

フレンチ・ブルドッグの原種は小型のブルドッグ(11kg以下)と言われています。その小型のブルドッグを、19世紀中頃、当時のレース職人がイギリスからフランスに移住する際に一緒に連れてきて、その後テリア犬種などと交配させて誕生したのがフレンチ・ブルドッグの初期型です。

初期の頃は、ねずみ捕り用に飼育されていたようですが、原種のブルドッグと違い性格は温和で闘争心がなく、また小型で愛嬌のある風貌であったため、フランスの上流階級の人たちに注目されるようになり人気が出ました。結果、愛玩犬としての地位を確立させました。

同じ時期にアメリカにも持ち込まれ、1898年にはフレンチ・ブルドッグだけのショーが開催されました。当時は、耳の形がたれ耳の「ローズ耳」がいいか、ピンっと立った「コウモリ耳」がいいかなど論争があったようですが、現在では一般的に「コウモリ耳」がフレンチ・ブルドッグの標準とされています。

日本には大正時代に輸入されたようです。

 

【性格】

温和な性格で、他の犬や人とも打ち解けやすい性格です。遊びが大好きで、人を喜ばせることを楽しむ性格です。

 

【その他】

それほどの運動量は必要としません。フレンチ・ブルドッグに限らず短頭犬種特有の特徴ではありますが、暑さに弱くゼーゼーと呼吸しよだれをたらすこともあります。また、いびきをかくこともあります。顔の皺に汚れが溜まりやすく、太りやすい体質です。

でも可愛いんです!