【閉店のお知らせ】 いつもご愛顧頂きありがとうございます。 このたびDogs+1は、諸般の事情により2018年12月21日をもちまして閉店することとなりました。 これまでの皆様からのご支援、心より感謝申し上げます。

アイスランド シープドッグ(Iceland sheepdog)

アイスランド シープドッグ

写真引用:http://www.sandcreekicelandics.com/icelandicsheepdogs.html

アイスランド シープドッグ(Iceland sheepdog)

【基本情報】

別名:アイスランド ドッグ(Iceland dog)、フリーアードッグ(Friaar dog)
原産国:アイスランド
起源:AD800年ごろ
体高:31~42cm
体重:9~14kg
体毛:ショートタイプ(柴犬ぐらい)、ロングタイプ(ポメラニアンぐらい)の2種類。2重構造で防寒性が高い。
特徴:がっしりした体格で敏捷。体力もある。遺伝的な病気にかかりにくい強い体をもっている。想像する通り、寒さに強く暑さに弱い。

 

【歴史】

スカンジナビア人の入植者によって持ち込まれた犬が祖先と言われています。シープドッグの名の通り、牧羊犬や番犬として飼われていました。しかし、アイスランド シープドッグは汚染された羊の死体を食べていたため、エキノコックス各種の条虫に犬自体も汚染され、さらに19世紀後半から20世紀初頭にかけてジステンパーが流行り絶滅の危機に瀕します。この危機に、アイスランドとイングランドの有志が、イギリスにいたアイスランド シープドッグを元に血統の維持に尽力を尽くし、今に至っています。

 

【性格】

好奇心旺盛で遊び好きですが、飼い主と一緒にいる時は大人しく、人間の子供や他のペットとも仲良く出来る性格です。牧羊犬時代は、全ての羊を匂いで記憶していると言われる程頭がよく、その血を持つこの犬種もまた人の指示をしっかりと理解し行動します。

 

【その他】

アイスランドの文化遺産の一つとして認められており、ヨーロッパ各国では人気の犬種ですが、日本には入ってきていないようです。