犬種図鑑

ミニチュア・ピンシャー(Miniature Pinscher)

ミニチュア・ピンシャー

ミニチュア・ピンシャー(Miniature Pinscher)

【基本情報】

別名:レイ・ピンシャー、ツベルク・ピンシャー
原産国:ドイツ
起源:17世紀
初期の役割:小動物の狩猟
体高:25~32cm
体重:4~5kg
体毛:短く硬い

【歴史】

大きさ以外はその容姿がそっくりなことから、ドーベルマン・ピンシャーを小型化したものと思われがちです。

ドーベルマン(Doberman)
こんな記事もあります: サルーキ(SALUKI) マリノア(Malinois) イタリアン グレイハウンド(Italian Greyhound) ペキニーズ(Pekingese) チワワ(Chihuahua)

しかし実は、17世紀頃、小害獣駆除を目的として飼われていた中型犬のジャーマン・ピンシャーを小型に改良した犬種がミニチュア・ピンシャーと言われています。ジャーマン・ピンシャーはドーベルマン・ピンシャー(ピンシェル)の先祖とも言われていますので、似ていても不思議はないかもしれません。その他、ダックスフント、イタリアン・グレーハウンド、さらにはミニチュアシュナウザーなども混ざっていると言われています。

当時はレイ・ピンシャー(ピンシェル)として誕生します。レイ(レー)ピンシャー=”子鹿テリア”、もしくはツベルク・ピンシャー=”超小型テリア”と呼ばれ、1895年にドイツのケネルクラブへ登録された後、1925年に現在の名称「ミニチュア・ピンシャー」と呼ばれるようになりました。

第一次世界大戦前にはドッグショーで絶大な人気を得ていましたが、大戦後はその数を減らします。その後は輸出されていたミニチュア・ピンシャー達が個体数を増やす原動力となりました。輸出国の一つであるアメリカではちょっとした人気犬種になり、1929年にアメリカンケネルクラブへ登録されました。

日本へはアメリカ経由で持ち込まれ、現在は日本のみならず、世界中で人気のある犬種の一つとなっています。

【性格】

活発で行動的です。飼い主には忠実です。ピョンピョン飛び跳ねたり、ボールなどで遊ぶことが大好きです。一方で、頑固で独立心が強い面も持っています。初めて会う人には距離をおき、すぐに警戒心を解くことはあまりしない番犬向きの性格です。他の犬などにも、すぐに慣れることはあまりないようです。

【その他】

小型犬の大きさですが、必要運動量は一般的な小型件以上です。毎日の外のお散歩や室内での運動はかかせません。

【動画】

可愛すぎる~

 

トレーニングイラスト

営業時間:9:00-21:00
休業日:不定休(休業日カレンダー
電話番号:050-5307-9976
HP:https://dogs-plus1.com/
ドッグトレーナーはこんな人
お問い合わせ    免責及び確認事項    個人情報保護方針
よくある質問   質問や相談は無料LINE@で