犬種図鑑

パピヨン(Papillon)

パピヨン

パピヨン(Papillon)

【基本情報】

別名:コンチネンタル・トイ・スパニエル、ファーレン(ファーレーヌ)
原産国:フランス
起源:16世紀
初期の役割:愛玩犬
体高:20~28cm
体重:4~5kg
体毛:まっすぐで絹糸のような被毛

【歴史】

先祖はスペイン原産のトイ・スパニエル(ドワーフ・スパニエル)と言われています。

当時、この犬種の繁殖や輸出の拠点はイタリアとスペインでした。その為、ヨーロッパ各地の貴族の間ですでに大変な人気があり、中世の絵画には、貴族たちと共にパピヨンが描かれたものが多く残っています。有名な絵画の一つに『シェーンブルン宮殿の女帝マリア・テレジアとその家族』で、2匹のパピヨンが描かれています。16世紀頃にはフランスに入って来ており、フランス国王のルイ14世も宮中でパピヨン飼っていました。

18世紀後半頃までの人気の要因は特徴的な尾の形で、クルッと巻いたリスの尾のようなタイプが好まれました。当時、耳の形はそれほど人気の要因とされていませんでしたが、多くは垂れ耳タイプだったようです。

しかし19世紀に入ると、たまに誕生する立ち耳タイプのパピヨンが注目されるようになります。また、その頃になると、スペイン、イタリアなどと共にベルギーでも繁殖が盛んとなります。そして、スピッツを掛け合わせ立ち耳タイプを、チワワと掛け合わせ小さな身体を意図的に誕生させるようになります。この頃から、立ち耳タイプの犬種をパピヨン(フランス語で蝶の意味)と呼び、垂れ耳タイプをファーレン(フランス語で蛾の意味)と呼び分けるようになります。ただし、両方のタイプは同じ犬種として扱われます。

ベルギーが繁殖地として参加してきた後に、現在のスタイルの小型で立ち耳タイプのパピヨンが誕生したため、「原産国はベルギーではないか」と言われることもあるようですが、現状はフランス原産犬となっています。

20世紀に入ると、フランス、アメリカ、イギリスなどのドッグショーで頻繁に見られる犬種となり、さらにとても頭が良いため、服従競技でも活躍するようになります。その為、大変人気のある犬種の一つとなっていき現在に至ります。

【性格】

遊び好きで人懐っこいです。頭が良く、周りの状況や雰囲気を敏感に察知するので、神経質な性格を持つこともあります。

【その他】

全犬種の中でも、頭が良い犬種の上位に入ると言われています。周りの状況や雰囲気を読み自分で動く事が出来る為、しっかりとしたしつけを行っていないと、飼い主を下に見た行動を取るようになることもあります。

先祖犬が小型で、そこから400年近くかけてさらに小型化。無謀な掛け合わせも行われていないことから、小型犬としては遺伝病が少ない犬種と言われています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トレーニングイラスト

営業時間:9:00-21:00
休業日:不定休(休業日カレンダー
電話番号:050-5307-9976
HP:https://dogs-plus1.com/
ドッグトレーナーはこんな人
お問い合わせ    免責及び確認事項    個人情報保護方針
よくある質問   質問や相談は無料LINE@で