犬種図鑑

シベリアン・ハスキー(Siberian Husky)

シベリアン・ハスキー

シベリアン・ハスキー(Siberian Husky)

【基本情報】

別名:アークティック・ハスキー
原産国(地):シベリア(ツンドラ地帯)
起源:古代
初期の役割:ソリ用犬
体高:53~60cm
体重:20~27kg
体毛:柔らかく密集した下毛、まっすぐな上毛のダブルコート

【歴史】

祖先犬はスピッツとされていて、近縁にはアラスカン・マラミュートがいるとされています。しかし、シベリアン・ハスキー種の確立時期は定かではありません。DNA分析により、他の犬種と比べより狼に近い種であることは確かなようです。

シベリア北東部に住むチュクチ族(ツンドラ地帯に住む先住民族グループの一つ)が「シベリアン・チュチース」と呼んで飼っていた犬で、狩猟犬、ソリ用犬として大切にされていました。長い間、限られた地域での選択交配(寒さに強い、力が強い、他の生物に対しての温和性)をした結果、この犬種が確立されたと言われています。

ハスキーの名の由来は、この地域を訪れていた貿易商や探検家達がエスキモー達のことを「ハスキー」と呼んでいたされ、そこで用務犬として働いていた犬達も同様にハスキーと呼ばれるようになったようです。

ハスキー犬達が多くの人の目を引くようになったのは、1900年代始めに初めて犬ぞりレースに参加した時でした。その強さと共に初参加から約10年間、多くのハスキーのチームが上位を独占し続けることになります。

その後の1925年、アラスカの都市ノームでジフテリアが大流行した時の出来事で、世界的に有名な犬種となります。当時、血清を市に運び手当をしなければ、伝染病などにより甚大な被害出るとされていました。しかし、低気圧が接近しており風速40mの猛吹雪で天候は荒れ模様。その際の救援隊に選ばれたのが200頭の犬達。全行程1100kmを、16頭1チームでグループ分けされた犬達がリレー形式で血清を無事運び、多くの人々を救ったのです。人々を救った犬達として功績を称えられ、グループのリーダー犬の1頭であったハスキーのバルトの銅像が建てられています。

 

またこの頃にカナダからアメリカにシベリアン・ハスキーが輸入され、1930年にアメリカン・ケネルクラブに登録されました。ドッグショーへの参加、北極・南極探検への同伴、第2次世界大戦中は、救助犬や捜索犬として活躍し、多くの人びとから注目・賞賛されることとなります。

日本では、佐々木倫子作の漫画『動物のお医者さん』のヒットとバブル景気(1986年12月頃から1991年2月頃)を追い風にハスキーブームが起こります。しかし、十分な運動を与えてあげれない、抜け毛がひどい、大型で扱えないなどの理由で飼育放棄が相次ぎブームは下火になりますが、今でも一定の人気を保っている犬種です。

【性格】

人にも他の動物にも社交性を持った犬種です。クールな外見ですが、性格はおちゃめで遊び好き。警戒心はそれほど強くなく、攻撃性も低い為、あまり番犬には向いていません。

【その他】

体力があり、長時間動くこともへっちゃらです。その為、かなりの運動量が必要です。運動量が少ないとストレスを感じ、破壊的行動を行うこともあると言われています。

遠吠えは比較的するほうです。

【動画】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

トレーニングイラスト

営業時間:9:00-21:00
休業日:不定休(休業日カレンダー
電話番号:050-5307-9976
HP:https://dogs-plus1.com/
ドッグトレーナーはこんな人
お問い合わせ    免責及び確認事項    個人情報保護方針
よくある質問   質問や相談は無料LINE@で